ピアノの査定

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノを買取業者に買い取ってもらうには査定をする必要があります。
ピアノを売った後、後悔しないために、査定について知っておくといいですね。

 

ピアノの査定は「モデル」、「製造年」、「状態」などの条件で変わってきます。買取業者はどこもこういった基準で査定額を決定します。

 

しかし、同じピアノでも買取業者によって、査定額が異なることがあります。それは各買取業者の査定基準や販売ルートなどで査定額に差が出たりするのです。また、ピアノの搬出や搬入の費用でも買取価格の査定結果が異なってきます。

 

古くてキズがあり、調律も行っていなから査定してもムダと、思い込んでしまってタダで処分してしまうのはもったいないです。複数の買取業者の査定を受けられる無料のネット査定を利用して少しでも高く売れるようにしたいですね。

 

>>ピアノを売る前に、まずは買い取り値段の相場を知っておきましょう。

 

 

高額査定が見込める機種・ブランド

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

中古市場で人気のあるピアノなら当然、高額査定が期待できます。あなたがピアノの購入を検討しているなら、そういったことを念頭にピアノ選びをするといいかもしれません。

 

ヤマハのグランドピアノの中でも、「C5」は、中古市場でも最も需要があると言われているモデルです。世界中の音楽家や学校や専門機関で導入されており、高い評価も受けているベストセラーです。低音から高音まできちんと響き、心地よいタッチ感とともに豊かな音色が人気となっています。

 

Cシリーズの中でも「C3LA」は最も上質な素材を使った贅沢なモデルと言われ、期間限定で発売された「アーティスティックエディション」シリーズ。希少価値も高く、高額査定間違いありません。

 

ヤマハのグランドピアノの中でもウィルナット艶消しの木目仕上げの希少なモデルが、「C5AWn」。白鍵盤に独自の人口象牙、黒鍵盤に黒檀調の天然木を採用し、質感の良さもその人気を表しています。なかなか市場に出てこなかったという逸話もあります。

 

ヤマハのグランドピアノでもめずらしいのが、「GB1K」。通称「ベビーグランド」と呼ばれ、2畳分の大きさに設置できるコンパクトなグランドピアノです。音大生を中心に需要の多いモデルでもあります。

 

ヤマハのアップライトピアノ「UX30A」は今では生産終了したモデルですが、爆発的な人気を誇り、同じUXシリーズの中でもグレードは上位にあり、現在でも需要があります。

 

一方スタンダードなアップライトピアノとして人気があるのが、「U100」。子どものお稽古用として、初心者用として需要があります。高さ121pと小型なのも人気の秘密となっています。

 

カワイのグランドピアノで「CA-40N」は専門家から音大生まで幅広い人気があります。
低音に深みがあると言われ、家庭用にもできるコンパクトサイズであることから中古の需要も多いようです。汗によるミスタッチや爪によるノイズを防ぐ鍵盤がさらに好評価に繋がっています。

 

カワイのアップライトピアノでは、「KL-11KF」は中古ピアノとしても人気のモデルです。定評のあるカワイピアノの木目調ピアノの中でも特に高評価を得ています。
コンパクトでありながら、グランドピアノのように天板を開けることができるため充分な音量が出るのが特徴。また、折りたたみ式の鍵盤フタ、譜面台などに使われているヨーロッパ調の金具などのデザインもインテリアとしての役目を果たし中古ピアノとしての需要も高いようです。

ピアノ買取業者の選び方

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノ買取の依頼は信頼できる業者選びがとても重要となります。ピアノは大きくて重いため、持ち込んで査定してもらうことは不可能ですから、見積を依頼するだけで高額な出張費を請求するという悪質な業者も存在します。

 

また、業者によって求めているピアノのメーカーや型番、流通形態などで査定額に差が出るのが普通ですから、そういったことを知らないと業者のいいなりになってしまいます。

 

業者の中には買取りますと言って、後から引き取り料金を差し引いたり、運搬料金を請求することがあります。必ず見積を貰って細かくチェックする必要があります。

 

査定の時点でこちらに考える時間を与えず、すぐ決断しないと売るチャンスを失いますよ、などと言う業者は選ばない方がいいでしょう。相場より安い金額で買い叩く業者が使う手段です。

 

愛用していたピアノを少しでも高く売りたいなら、事前に必要な知識を身につけて信頼できる業者を選んで、安心で安全な取引を行いたいですね。

 

ズバット ピアノ買取比較

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノを買取に出す予定という方、いつかは、という時のために相場を知りたい、古いけど売れる?というような方にはピアノの一括査定がおススメです。

 

ピアノの買取査定を複数社に依頼でき、どこが高く買い取ってくれるのかがすぐ分かります。

 

プロを相手に自分で交渉するのはとても難しいし、できそうもないという方が多いと思いますが、ネットの一括査定サイトなら必要事項を記入して送信するだけ。
数ある一括査定サイト中でも利用者が多くて一番人気といわれるのが、「ズバット ピアノ買取」です。

 

ズバット ピアノ買取比較では5社の業者が査定しています。一台のピアノが5社の業者間で査定額が異なります。業者の求めるブランドや機種、色など求めるものに一致すれば、他社より高く査定額を提示してきます。また、業者がもつ流通ルートなどによって、同じピアノでも査定結果が変わります。

 

だからこそ、複数社に査定してもらうことが大切なのです。査定してもらったから、どうしても売らなければならない、ということはありません。いつか売るために相場を知っておくということでもかまわないのです。

 

まずはしっかり査定額を比較、査定士の対応やアドバイスもチェックして適切な買取業者を選びましょう。

ピアノパワーセンター

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノパワーセンターは新品・中古ピアノの販売はもちろん、買取、調律、修理などもしており、音楽教室の経営もする、ピアノのことならなんでも聞けるセンターです。

 

創業42年という老舗で、ピアノの量販店としては草分け的存在です。ピアノのような大きな楽器を展示販売するためには、広いスペースが必要ですが、ピアノパワーセンターのショールームは鍵盤楽器専門店としては国内最大級の売り場面積を誇っています。

 

ピアノパワーセンターは世界約50か国に中古ピアノを供給し、現在も拡大中です。
高品質な中古ピアノの注文が世界中から入ってくるため、中古ピアノの買取にもとても熱心です。

 

査定は最新の情報と豊富な経験・知識を元にその時点で提示できる最も高い金額を提示しています。また、引取りのさいの運賃や作業料金は無料となっています。
支払は引取り時に現金払いが可能です。

 

ピアノパワーセンターの高価買取の秘密は、引取り、修理、販売の全てを一貫して行い徹底的にコストを削減しているからです。買取ったピアノはその1週間後には海外へ輸出しますから、商品の回転が速く中古ピアノが不足しているくらいです。

 

査定依頼は電話でもパソコンからでも可能で、電話ならその場で見積もり金額の提示があります。取引を迅速にしたい方は電話してみるといいかもしれません。

ピアノ買取比較.com

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノ買取比較.comは、ピアノの買取を複数社で一括査定するサイトのこと。
スタートから11年、総査定数は150,000件にもなり、一括査定サイトとしては古株と言ってもよいでしょう。最大10社の業者の査定を無料で受けることができます。

 

ピアノの買取を検討する方がまず知りたいのが、「相場」です。一体自分のピアノはいくらで売れるのか、また妥当な金額はいくらなのか、経費が掛かったりするのか、などなど知りたいことはたくさんあります。

 

住んでいる地域に楽器の買取り業者があり、近いから便利と決めてしまう人が多く、後から相場を知って後悔することになるケースが結構多いのです。

 

ピアノ買取比較.comのような一括査定サイトは、このような失敗を防ぐためにあるようなもので、複数の業者の査定を比べることができます。また、サイトの中でピアノの種類や製造期日、メーカーなどによるおおよその相場も知ることができます。

 

査定をしたからといって、どうしてもその業者に買取依頼をしなければいけないということではないので、気軽に試すことができるのもピアノ買取比較.comのようなサイトの便利なところです。

 

市場の買取相場を知っていれば、買い叩かれるというような失敗には至りません。
業者の言い値に乗せられないためにも一括査定サイトを利用しましょう。

タケモトピアノ

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

テレビのCMでおなじみのタケモトピアノは大阪府に本社を置く、中古ピアノの買取・販売を行っている企業です。

 

全国からピアノを買取り、ヨーロッパ・米国・オセアニア・東南アジアなど世界約50ヶ国に輸出をしています。

 

創業は1979年と古く、高知県で竹本楽器というお店を始め、1988年に中古ピアノの買取部門を開設以来、ピアノの買取業者としてトップを保っています。ピアノを売る場合に誰もがタケモトピアノを思い浮かべてしまうほど、おなじみになってしまっています。

 

タケモトピアノが買取ったピアノは修理して再生されると、その100%が海外へ出荷されます。愛用していたピアノが再生されて世界の子どもたちのもとに届けられると思うとなんだかうれしくなりますね。

 

タケモトピアノは業界NO.1にふさわしい高額査定を行っていることをアピールしています。買取を検討しているなら、タケモトピアノの査定も受けてみることをお勧めします。

ピアノ査定の流れ

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

ピアノを買取に出す際には必ず「査定」をします。車の処分や買い替えと同じで、色々な査定基準に沿って査定額を算出しますが、業者によって査定額が大きく異なってくることもあるので、査定の流れを知った上で査定依頼に臨むことがピアノを高く売るコツでもあります。

 

ピアノの査定は、基本的に必要となる書類はありません。ただし業者によっては買取り手続の際に身分証明書の提示を求めることがありますから、運転免許証や保険証を用意しておきましょう。

 

ピアノの詳細はピアノの本体を見ればわかることが多いので、事前に調べてメモしておくと、ちゃんとした業者かどうかもわかります。

 

・ピアノの種類(グランドピアノかアップライトピアノかなど)
・メーカー名 鍵盤のフタを開いたところに刻印がある
・モデル名・製造番号 ピアノの天板を開いたところに記載
・ペダルの数

 

大抵は以上の事項を電話かネット経由で業者に伝えると、見積の提示があります。
納得ができれば実際の売却手続きに移ります。

 

買取額の相場を事前に調べておけば、業者が妥当な金額を提示しているかなどの判断ができるので、おおまかな相場を調べておきましょう。

 

決済は現金でも可能ですが、大きな額になることもあるため、心配なら振込みにできるかどうかの確認をすることも必要です。

ピアノ買取業者とのトラブル

 

中古ピアノを査定・買取に出す前のお役立ちサイト!

 

どんな取引にもトラブルはつきものですが、トラブルに合わないために心がけておいた方がよいことや、トラブルの実例などを知っておくことで避けられるトラブルがあります。

 

中古買取の世界で、最も多いトラブルとなっているのは、買取商品に対して何かとイチャモンをつけて査定額を引き下げようとするのは、ピアノ買取にもよくあることです。

 

そして、言葉巧みに専門用語を使って、あれよあれよという間に買取が成立してしまい、高く売れたと思ったのもつかの間で、後から調べてみると買取価格は他社より安かったという話もあります。

 

ピアノは大きくて重いので運びだしには最新の注意をするのですが、ピアノが当たって壁などを傷つけてしまうというトラブルがあります。雑な運搬ということになりますが、そのキズがピアノの搬出の際についたということをはっきりと主張できるように、搬出の前日と当日の差がわかるよう、壁などの写真撮影をしておくといいかもしれません。

 

更新履歴