中古ピアノ 査定額の相場

 

中古ピアノ査定額の相場はいくらぐらい?

 

ピアノは使われなければただの家財、物を置く台とするならまだマシで、じゃまなゴミ扱いされてしまうこともあります。

 

購入したときは思い切って少なくないお金を支払っているはず、使わなくてもきちんとメンテナンスを行って大事にしていれば、高額で売れる場合があります。
売るタイミングや相場を知ってかしこく対処しましょう。

 

買取額の相場は業者が強みとしているブランドや、買取後の流通ルートなどによってことなりますから、複数業者の査定を受けてみることが高く売るポイントです。

 

ピアノは、製造期日が新しいほど高い相場がつきます。
また、ヤマハ・カワイ以外のメーカーでいうと、ベヒシュタインのグランドピアノなどは稀少なモデルとして価値があると言われています。

 

ヤマハのグランドピアノ Gシリーズ…〜45万円位、Cシリーズ…10〜60万円位。

 

ヤマハのアップライト YMシリーズ…〜30万円位、YUシリーズ…〜40万円位、黒…〜30万円位、MC:黒/木目…〜8万円位、Xタイプ…〜30万円位。

 

カワイのグランドピアノ KGシリーズ…〜20万円位、RXシリーズ…〜50万円位。
カワイのアップライト 黒…〜10万円位、木目…〜8万円位。

 

上記はおおよその相場であって、業者によって求めているブランドや機種、色、などで査定額は大幅に異なってきます。大切なのは複数の業者での検討をしてみることです。

査定額を高くするには

 

中古ピアノ査定額の相場はいくらぐらい?

 

いざ査定となったときに少しでも査定額を高くするためにすることはあるのでしょうか、ピアノも車と同じで査定するのは人です。丁寧に手入れされた楽器なら高く買取たいという心情に傾くのが自然の成り行きです。ピアノにキズがあってもピカピカに磨かれ手入れができているという第一印象が大切です。

 

付属品があれば揃えておくことも査定額アップのポイント。中でも椅子は必須アイテムです。ピアノの鍵盤面と椅子の高さは、厳密に計算されて作られていますから、セットになっていることは重要なことです。

 

また、ピアノの上にかけるトップカバーや鍵盤をカバーする布、調律に使うナットなど、あれば査定額アップの材料となります。

 

長年弾いていなければ、当然音階が狂っていいる可能性が高いでしょう。しかしわざわざ調律をする必要はありません。買取業者が買取後に調律しますし、どんなに気をつけて輸送しても多少音階が狂ってしまうものです。ですから、前もって調律する意味がなくお金の無駄にもなります。